八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は朝から、「流れ橋ふれあい市」に伺いました。
昨日の「松花堂ふれあい市」とは、雰囲気も違いました。

さて、今朝の京都新聞に「議員の姿見えてますか」との記事!

地方議員と地方議会に対する「信頼」をキーワードに京都府内の100人にアンケートした結果、6割以上が「信頼しない」と回答され、その理由は「働く姿が見えない」が最多とのことでした。

地方議員は議会活動を通じて住民の意思を行政に反映させ、監視する役割をもっています。

しかし、私も議員にならせて戴く前もそうでしたが「地域行事やお葬式、式典では見かけるが、紹介が終わればすぐに居なくなったりと誰が何をしているか分からない」など議員と接点のない有権者にはそう映っている。
それだけにインターネットや議会レポート、議会報告会の開催など積極的な情報発信、情報公開を望む声が多くあったそうです。

道路改修や電灯など身近な暮らしの問題を地道に解決すれば信頼醸成につながるのだが・・・

議員は便利屋ではなく、特定の地域や団体の利益誘導期間でもない。
何をなすべきか。議員としての本質が問われなくてはならない。

とまとめられていました。

八幡市の将来について!
議員は、行政から補助金を貰っている団体の役員になってはいけない!
市民へ開かれた議会報告の開催!
議会基本条例の制定!
など
様々なことを議会内で、話し合える議員とならなければ!・・・
と再度考えさせて戴ける記事でした。


  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【2011/04/03 20:35】 | 小北の独り言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。