八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールの女子世界選手権で本日、世界ランキング5位の日本は北京五輪の覇者で世界ランク1位のブラジルと対戦!
本当に手に汗握る熱戦の結果2-3で敗れ、明日、銅メダルをかけて米国と対戦することになりました。

準決勝のもう1試合はロシアが3-1で米国を下した。
2次リーグ最終戦では、日本は1-3で敗れましたが、明日の決勝戦では絶対に勝って欲しいものです!


さて、菅直人首相は、中国の胡錦濤国家主席と横浜市内で会談し、沖縄県・尖閣諸島周辺での漁船衝突事件で冷え込んだ関係改善策を協議、長期的に安定した「戦略的互恵関係」の発展が双方の利益に合致し、地域と世界の発展にとって重要だとの認識で一致した。政府と民間分野の交流協力促進も確認した。だが菅首相が尖閣に関して日本固有の領土であることを強調したのに対し、胡主席は領有権を主張した。

会談時間はわずか22分間で、衝突事件後初となる今回の正式な首脳会談が関係修復につながるかは不透明だ。同席した福山哲郎官房副長官は、両首脳が尖閣諸島をめぐり双方の立場を主張したことを記者団に説明したが、具体的な文言については「外交上のやりとりなので、詳細は控えたい」とした。漁船衝突映像流出事件に絡む発言は出なかったという。


また、菅直人首相は、ロシアのメドベージェフ大統領と43分間会談した。両首脳の会談は6月のカナダに続いて2回目だが、大統領が今月1日に北方領土の国後島を訪問してからは初めて。

日本側の説明によると、首相は「大統領の国後島訪問は我が国の立場、日本国民の感情から受け入れられない」と正式に抗議した。これに対して、大統領は「領土問題はロシアにとっても極めてセンシティブ(敏感)な問題だ」と語り、双方の主張はかみ合わなかった。

首相は北方領土問題について「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結したい」と述べ、従来の日本政府の方針を改めて説明。だが、大統領は直接答えず、日ロの経済関係を取り上げて「あらゆる分野、特に経済関係を発展させ、両国間の雰囲気を改善すべきだ」と主張した。

また、大統領は「来年のしかるべきタイミングで菅首相をロシアに招待したい」と要請し、首相は「検討したい」と応じた。


との報道がなされてましたが、こちらは何とも後手後手!またも外交上を理由に詳細は控えられるとのこと。

中国やロシアをはじめ、諸外国に馬鹿にされている日本!

強い意志が無いのか?将来を見据えて行動をしなければならない時じゃないのか?

頑張れ日本!!!

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2010/11/13 21:44】 | その日の出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。