八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問 題22(やわたものしり帳より引用)

八幡市個人情報保護条例の目的は同条例の第1条で規定している。それでは下記に条例末文の空白「ア」に当てはまる文言は次のうちどれか。
第1条 目的
この条例は、自己に関する個人情報の開示、訂正、削除等を求める市民の権利を「 ア 」として保障するとともに、個人情報の適正な取扱いに関し必要な事を定めることにより、個人の権利及び利益を保護し、もって市民の基末的人権の擁護と公正で公平な市政の推進に資することを目的とする。
○正解を次の(A)~(D)から選びなさい。
(A)「基末的人権の尊重」 (B)「自己情報コントロール権」
(C)「プライバシーの保護」 (D)「市民福祉の向上」



解 説
氏名、住所、職業等の個人に関する情報で、特定の個人が識別される情報を個人情報という。個人情報保護制度とは、市が保有する個人情報を適正に取り扱うための制度である。この制度を円滑に運営するため、八幡市個人情報保護条例を平成13年6月1日から施行し、プライバシー保護に配慮した市政運営を進めている。個人情報保護制度を利用することにより、市が保有する自己情報を見ること、自己情報の誤りを正すこと、自己情報の不正な取扱いの中止を求めることができる。条例では「自己情報コントロール権」として、これらの権利を保障している。また、国の「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」の成立に伴い、平成16年10月1日にIT施策の進展など情勢の変化に的確に対応した内容に改め、また、秘密漏えいに対する罰則強化も条例に盛り込んだ。


○正 解 (B)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。