八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問 題143(やわたものしり帳より引用)
八幡市西部にある洞ケ峠には、ある武将に関わる伝説が残っている。戦国時代、洞ケ峠で日和見をしたといわれる武将は誰か。
○正解を次の(A)~(D)から選びなさい。
(A)筒井順慶 (B)上杉謙信 (C)石田三成 (D)明智光秀



解 説
「洞ケ峠を決め込む」という言葉がある。戦国時代、明智光秀が交流のあった武将に加勢を求めた。その際、筒井順慶は洞ケ峠で戦況を見ながら光秀の味方に付くかどうかを傍観していたといわれ、それ以来、日和見主義の代名詞となった。
現在、国道1号の片隅に「碑」が立っており、その当時を偲ばせている。


○正 解 (A)

問 題144(やわたものしり帳より引用)
春と秋の「万人講」で有名な通称「だるま寺」の正式名称は何か。
○正解を次の(A)~(D)から選びなさい。
(A)円福寺 (B)善法律寺 (C)正法寺 (D)薬園寺



解 説
天明3年(1783年)白隠四天王のひとり斯経によって妙心寺未寺の臨済宗最初の修行道場として建立された。毎年4月20日と10月20日の年2回の「万人講」には、日末最古といわれる重文秘仏「木造達磨大師坐像」が特別開扉され、このとき供される精進料理を食べると開運・厄除・中風に効くと信仰されている。(国道1号 洞ケ峠西入る・八幡福禄谷、「万人講」当日のみ京阪八幡市駅から臨時バス有り)


○正 解 (A)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2010/08/14 23:09】 | やわたものしり博士
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。