八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問 題115(やわたものしり帳より引用)

八幡市は、市制施行以前から消防本部を設置しているが、いつからか。
○正解を次の(A)~(E)から選びなさい。
(A)昭和29年10月 (B)昭和32年2月(C)昭和43年4月 (D)昭和47年4月(E)昭和50年12月


解 説
現、八幡市消防本部は、昭和43年4月に八幡町消防本部として設置し、当初、消防長以下7名の職員で常備態勢をとり、スタートした。
消防車両は救急自動車1台と小型動力ポンプ付積載車1台を配備し、消防・水防・その他災害対策活動を消防団と協調して行い、また、同年5月からは新しく救急業務も開始した。
なお、消防署の設置を義務付けられていない当時の小さな町で救急活動を行うのは珍しいことであった。



○正 解 (C)


問 題116(やわたものしり帳より引用)

木津川に架かる上津屋橋(通称=流れ橋)は、昭和28年3月に架設。大雨や台風により川の水位が上がれば橋げたが流れるという独特の構造をもつことから、「木津川の流れ橋」とも呼ばれている。架設以来、平成21年10月未までに何回流れたか。
○正解を次の(A)~(E)の中から選びなさい。
(A)11回 (B)13回 (C)15回 (D)17回(E)19回


解 説
橋の全長は356.5メートルで幅員は3.3メートルあり、これを73基の橋脚で支えている。橋げたの全体を8分割してワイヤーロープを橋げたと橋板に通し、8基の橋脚につなぎ留めている。
過去の流失記録は
昭和28年8月15日 8月の豪雨
昭和34年9月25日 伊勢湾台風
昭和36年6月24日 梅雨の豪雨
昭和47年7月10日~17日 7月の豪雨
昭和49年7月10日 7月の豪雨
昭和51年9月8日~13日 台風17号
昭和57年8月1日~3日 台風10号
昭和60年6月21日~7月1日 梅雨の豪雨及び台風6号
昭和61年7月20日~22日 梅雨の豪雨
平成2年9月19日~20日 台風19号
平成4年8月19日 台風11号
平成5年7月5日 7月の豪雨
平成6年9月30日 台風26号
平成7年5月12日 5月の豪雨
平成9年7月26日 台風9号
平成16年8月5日 台風11号
平成21年10月8日 台風18号



○正 解 (D)

※平成21年10月の台風18号で流出した流れ橋が、昨日の16日に復旧して開通しました。
 日本最長級の木造橋で、時代劇のロケ地としても有名な「流れ橋」に一度お立ち寄り下さい!

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2010/06/17 22:36】 | やわたものしり博士
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。