八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問 題73(やわたものしり帳より引用)

市内に平成21年4月1日現在、資末金等の金額が50億円を超え、かつ従業員が50人を超える会社は何社あるか。
○正解を次の(A)~(D)から選びなさい。
(A)5社 (B)10社 (C)15社 (D)20社


解 説
地方税法では、地方税を道府県民税と市町村民税に区分し、法人等に対する道府県民税が法人県民税で、市町村民税が法人住民税(法人市民税)である。
設問の会社は、法人市民税の均等割課税における9号法人(資末金等の額が50億円を超え、従業員数が50人を超える会社)であり、銀行や大型スーパーなどの大きな企業である。
法人に対する税金には、法人の所得に対する税金(法人税割)とその法人の利益の有無にかかわらず課税される税金(均等割)があり、法人市民税の均等割額は、法人の区分(資末金や従業員数など)によって税額が決まっている。



○正 解 (B)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2010/05/07 21:09】 | やわたものしり博士
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。