八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問 題61(やわたものしり帳より引用)

八幡市では平成18年12月に、平成19年度から平成28年度までの10年間のまちづくりの基本指針となる第4次八幡市総合計画を策定したが、そこで示した将来都市像の○○部分に当てはまる言葉は次のうちどれか。
第4次八幡市総合計画将来都市像
「自然と歴史文化が調和し ○○○○○ やすらぎの生活都市」
~自立と協働による個性あふれるまちづくり~
○正解を次の(A)~(D)の中から選びなさい。
(A)活力あふれる (B)人の心も美しい (C)笑顔かがやく(D)人が輝く


解 説
八幡市は、男山、木津川、田園地域等の豊かな緑と水に恵まれ、また石清水八幡宮や松花堂などすぐれた歴史・文化資源をもっており、これらを守り活かしていくことは多くの市民の願いである。
また、住宅都市として発展してきた八幡市は、これまで、人口の増加や市民のニーズに対応するため、道路や下水道といった生活環境及び都市基盤の整備に力を注いできた。今後はこれまでのまちづくりの成果を踏まえ、市民がよりいきいきと過ごし、住みたい、住み続けたいと思えるまちづくりを進めていく必要がある。
そこで、第4次八幡市総合計画における八幡市の将来都市像を
「自然と歴史文化が調和し 人が輝く やすらぎの生活都市」
~自立と協働による個性あふれるまちづくり~
と定めた。



○正 解 (D)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2010/04/19 21:45】 | やわたものしり博士
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。