八幡市議会議員小北ゆきひろのブログです! 気ままに思いを綴っていきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問 題95(やわたものしり帳より引用)
市民図書館では、市民の皆さんから求められた図書などが未所蔵の場合、全国の図書館施設に問い合わせ、取り寄せてリクエストに応えているが、平成20年度の実績で何冊(点)に及ぶか。
○正解を次の(A)~(C)から選びなさい。
(A)625冊(点) (B)1,248冊(点) (C)1,656冊(点)


解 説
平成21年3月未現在、市民図書館の蔵書冊数は241,722冊(点)。市民の皆さんへの資料・情報提供ができない未所蔵分については、京都府内だけではなく、全国の図書館の協力を得て借り受け、提供している。
平成20年度は府内施設から1,571冊(点)、府外は神奈川県立図書館、徳島県立図書館、琉球大学附属図書館などから協力を得て85冊(点)、合計1,656冊(点)を数えた。ちなみに他の図書館からの協力要請には、1,562冊(点)応えている。



○正 解 (C)


問 題96(やわたものしり帳より引用)
八幡市の中学校では毎日、朝又は昼に20分間の国語、数学、英語の反復による学習時間を設けている。これを何学習と言うか。
○正解を次の(A)~(D)から選びなさい。
(A)集中学習 (B)スピード学習 (C)モジュール学習(D)短期総合学習


解 説
八幡市では、読み、書き、計算を計画的に取り入れた「モジュール学習」を日々実施することで、子どもたちの脳機能を活性化し、学習に対する集中力の向上を図っている。



○正 解 (C)

  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2010/05/31 01:01】 | やわたものしり博士
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。